*

基礎食品群とは

基礎食品【読み方:きそしょくひん】

日本では、栄養が偏ることなく健康に生きていくために、6つの基礎食品群に分けて、バランス良く摂取することを推奨されております。

この各食品群からそれぞれ取り合わせて毎日の食事の献立を作ることにより、食生活の改善や生活習慣病の予防にも役立ちます。

主な6つの食品群は以下の通りです。

第1群 魚、肉、卵、大豆などたんぱく質が多い食品

第2群 牛乳、乳製品、ワカメやのりなど海藻や小魚類 カルシウムが多い食品

第3群 緑黄色野菜 ビタミンAが多い食品

第4群 その他の野菜、果物 ビタミンCが多い食品

第5群 米やパンなど穀類、麺、いも類 でんぷんが主成分のもの

第6群 油脂 ビタミンAが多く脂肪の多い食品

毎日の食事で上記の各食品群に該当する食品を1品ずつ食べれば、細かい栄養素の知識がなくても、バランスの良い食事になります。また、各食品群からバランスよく選び、一日30品目の食品をとることがすすめられております。

no image
五感で感じる食事/外食の際は内外装も大事なのでリフォームはプロに頼む

食事には、栄養、見た目、味などは楽しみがたくさんありますが、自宅ではな...

no image
老朽化した建物を解体してリフォームか建て替えか 住まいを一新して新しい生活へ

前回、快適な住まいを確保して、生活を安定させるということを書きました。...

no image
安定した住まいと食事 衣食住の関係

人が人として生きるために生活するということは、必要不可欠な活動であり、...

no image
衣食住は生きるための基本的な要素、食事は楽しい

生きるために必要な着る、食べる、住むを表す衣食住ですが、動物に備わって...

→もっと見る

PAGE TOP ↑